「代謝」と「栄養」シリーズ 第2回 栄養素①(炭水化物)

前回は主に代謝について復習してました。次は栄養について復習していきます!
まず、栄養素を一つずつ説明していきます。その前に・・・カロリー(cal)て何気なく使ってますが、どういう意味なのかはわかってませんでした!調べてみると、1kcalとは、「1気圧のもとで(私達が地上にいる時の気圧)水1000gを14.5℃から15.5℃まで1℃上げるのに要する燃焼熱」らしい・・・。そうやったんやー!!でもわかりにくい感じしますね。人のカラダでは、しんどいのかしんどくないのか、わかりにくいですね。でも実際には、45kgの人が1分歯磨きするだけで2kcal消費します。(消費カロリーは年齢や動作によって表になってます)ちなみに、国際的に使われてる単位はkJ(キロジュール)で、それに換算するには、1kcal=4.184kJらしい。カロリーの単位の意味はわかりにくいけど、わかったので本題へ!!
まずは三大栄養素の中の「炭水化物」。そのうち、体内で利用されるのが、「糖質」。消化・吸収されないのが、「食物繊維」。えっ?食物繊維って炭水化物なん!?てなったのは私だけでしょうか・・・。今までちゃんと分類して覚えてなかったことが恥ずかしいです。食物繊維って聞いたら野菜・果物・海藻のイメージです。そう!それは合ってます。ただ、化学的に分類すると、多糖類でした!!ビタミンとかと一緒のような感じなんかと勝手に思ってましたね。ま、だからどないやねんってことですけど。ただ、こうやって改めて勉強していくと、こういうことに気付けるので、まだ第2回ですが、なかなか手ごたえ感じてます!完全に自己満足です!
で、炭水化物といえば、「糖質」ですね!炭水化物ダイエットとか、糖質制限とか最近よう聞きます。糖質にも種類があります。
①単糖類: グルコース(いわゆるブドウ糖)→脳や赤血球では唯一のエネルギー源!(糖尿病、血糖値・・・とつながってきそうでしょ!)
フルクトース(果糖)、ガラクトース(乳糖) 
 「単」てついてるので、1つってこと。これだけですぐエネルギーとして働くってこと。スポーツ選手(特にテニス)で、試合直前とか試合中にバナナ食べてますね!すぐエネルギーになるからです。短距離走みたいな感じ!
②二糖類 : スクロース(砂糖:グルコース+フルクトース)、マルトース(麦芽糖:グルコース+グルコース)、ラクトース(乳糖:グルコース+ガラクトース)
 「二」てついてるので、2つってこと。これは1回分解する過程があるから単糖類よりはエネルギーになるのに時間かかるけど、それでも早い方。砂糖って「砂」てついてるくらいやし、なめたらすぐ溶けるから吸収するの早い感じしますね!
③多糖類 : デンプン、グリコーゲン
 「多」てついてるので、いっぱいくっついてるってこと(単糖類のグルコースが)。なので、分解するのに時間かかる。良いようにゆうと、ゆっくりと吸収していきます。腹持ちが良いって言うのはこのことですねー!なので、スポーツ選手でゆうと、試合の2~3時間前にうどんやおにぎりを食べる人もいますね!サッカーや、バスケットボールなど、持久力が必要なスポーツです。

ここまでくると、糖質の働きって何?って聞くまでもなく、「カラダのエネルギー源」てことです。とゆうことは・・・炭水化物ダイエットや糖質制限てゆうのは、エネルギー源を摂ることをやめるの?!ってなりますね。そもそも、ダイエットせなあかんとゆうことは、エネルギー摂りすぎてるってことなんで、そりゃぁ摂る量、もしくは消費する量をどないかせなだめですよね。ただし!!炭水化物、ぴたっとやめたら痩せますけどね!それは一時的なもんです。なので、極端にとらないってゆうのは良くないと私は思います。そして、炭水化物って食物繊維もはいってますんで(今日知ったくせに!)、やめたら便秘とか他の弊害も出てきそうですよね!ま、何が言いたいかとゆうと、ありきたりですけど、偏った食事でなくて、適度にいろんな物食べましょー!ってことになってきますね!!制限されたら余計食べたくなるし・・・
以上!今日はここまでです。次は脂質とたんぱく質について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です